2017年1月11日水曜日

2月12日 広島大学フェニックスリーダー育成プログラム「第6回国際シンポジウム」参加のお知らせ/Participation in The 6th International Symposium of Phoenix Leader Education Program at Hiroshima University

 2月11日12日にかけて、広島大学霞キャンパスにて開催される広島大学フェニックスリーダー育成プログラム
に、安東量子か参加いたします。
 Ryoko Ando, representative of Ethos in Fukushima, will participate in
of Hiroshima University Phoenix Leader Education Program, ――;which will be held on 11 - 12 February 2017 at Hiroshima University Kasumi campus.

 開催概要を、広島大学のサイトから引用いたします。
 Symposium outline (referred from Hiroshima University website):
福島原発災害後の復興にあたり、現在も国内外の多岐にわたる分野から、多くの支援と努力が続けられていますが、復興への道のりは緒に就いたばかりとも言えます。そこで、第6回を迎える本国際シンポジウムでは、福島の復興過程における「仲介者」の役割に注目し、研究者と地域社会とのギャップを埋めるための議論を行う予定です。
The people of Japan have made a concerted effort to the ongoing reconstruction of Fukushima along with the support of people from around the world. Despite these extensive efforts, it can be said that the reconstruction has just begun. The 6th International Symposium will focus on the role of the mediator during the Fukushima recovery process to bridge the gap that exists between scientists and the local community.

 安東は、2月12日のシンポジウムの中で、
「原発事故後の共通の言葉をつくる ―いわき市末続地区の経験―」
のタイトルで15分の発表、その後のパネルディスカッションにパネリストとして参加する予定になっております。
 Ando will make a 15-minute presentation
"Forming Common Language after the NPP Accident -- from Experiences in Suetsugi District, Iwaki City --"
in the symposium on 12 February, and then will attend the panel discussion as a panelist.

 参加費は無料ですが、参加には事前申し込みが必要となっております。 広島大学のサイトからお申し込み下さい。
 Admission is free but prior registration is needed via Hiroshima University website.

 同時通訳がつく予定ときいております。
 We heard that simultaneous translation will be provided.


 福島県内から参加される他の発表者の皆さまも、私たちの活動に最初期からご協力いただいている福島県立医科大学の宮崎真先生をはじめ、震災からそれぞれの現場の第一線で向き合ってこられた方たちばかりです。西日本地域で、こうした福島の現場の声をお聞きいただけるのは非常に貴重な機会ではないかと思います。
 Other speakers from Fukushima prefecture, including Dr. Makoto Miyazaki at Fukushima Medical University who has been our advisor from very early days of our activities, are serving in the front line of their own stages from just after the disaster. We think this is a precious opportunity to be able to listen to such front-runners from Fukushima in western Japan.

 足をお運びいただけましたら幸いです。
 We would appreciate if you could come to the symposium.

ARPS2016での発表原稿とスライド/Manuscript and slides of ARPS 2016 presentation

 2016年9月に南オーストラリア州アデレードで開催されたARPS2016で、安東が発表した口演原稿とスライドを掲載いたします。
 Here we post the manuscript and slides of the presentation made by Ando in ARPS 2016, which had been held in Adelaide, South Australia on September 2016.

 発表原稿は英語講演のままとなっております。

 本発表では、東京電力福島第一原子力事故後が住民生活にもたらした混乱、放射能汚染のみならず、政府によって定められた基準や制度が、その混乱をさらに大きくしてしまったことについて述べ、福島県いわき市末続地区における住民の自助努力による活動がどのようにその混乱を克服したか、またその限界について説明しました。さらに、2016年9月現在における福島県内の避難区域の現状について、特に政府の避難政策の面における問題点を指摘しています。現在、福島県内の避難指示は順次解除されており、規模は縮小されておりますが、依然として一部に避難指示は継続中であり、この後、さらに状況は変わっていくことは確実ですが、現在の状況分析の一助としていただけましたら幸いです。
 In this presentation, at first, we explained about the confusion of resident life which had been brought on by the TEPCO Fukushima Daiichi NPP accident, and the fact not only the radiation contamination but also government-established standards and regulations have aggravated that confusion. Then, we introduced how self-help activities by residents in Suetsugi district, Iwaki city, Fukushima prefecture overcame that confusion, and the limit of such activities. Furthermore, with some description of the current situation in the evacuation areas in Fukushima prefecture, we especially pointed problems in the evacuation policy by the Government. Now the evacuation orders in Fukushima prefecture has been lifted one by one, and their scale is becoming smaller. However, in certain areas the order is still active. The situation is still, and will be, fluid in the future, though, this presentation will help you to understand the current situation.

 本発表にあたりまして、スライド、原稿作成、そして発表にいたるまで、多大なるご協力をいただきました荒井多鶴子さんに心から感謝申し上げます。荒井さんのご協力なしには、とてもできませんでした。
 We are very grateful to Ms. Tazuko Arai for supporting the presentation, including preparation of the slides and manuscript. Without her great contribution, we couldn't have done it.

2017年1月8日日曜日

3月18日 東京大学 哲学構築シンポジウム 「あのときの、あれからの福島」参加のお知らせ

 3月18日(土)、東京大学文学部で開かれる
に、安東量子が発表者として参加いたします。
 発表タイトルは「福島で暮らす/暮らせる、暮らさない/暮らせないということ」で、30分を予定しています。
 東京電力福島第一原子力発電所事故以降、福島県内で暮らすことがどういうことだったのか、私の経験からお話ししたいと思っています。放射能とどのように向きあわねばならなかったのかということだけでなく、国によって定められた基準や区域指定が住民生活にどれほど大きな影響と混乱をもたらしたかということについても触れたいと思っています。
 他の発表者の皆さまも、事故後の福島県内の現実と第一線で向き合ってこられた方たちばかりですので、現地の実情を理解するための大きな一端になるかと思います。
 足をお運びいただけましたら幸いです。
    日時:2017年3月18日(土)午後1時~
    会場:東京大学文学部法文二号館一番大教室
    各提題30分、各コメント15分、その後ダイアログ

 主催の東京大学大学院人文社会系研究科・哲学研究室 一ノ瀬正樹先生のサイトから、概要(PDF)について、以下引用いたします。
 東日本大震災六年目を迎えて、改めて問題を再考し、「災害復興のための哲学構築」という私どもの科研費主題の進展を図る、という趣旨で、シンポジウム「あのときの、あれからの福島」を開催いたします。いまなお、さまざまな点で、福島の現状は、福島県外で誤解されておりますので、被災地復興という視点から、東京にてこうした集会を行う必要性が依然としてあると理解しています。実際、震災後も、熊本地震、鳥取地震と続き、いつまた、日本のどこにおいても、災害発生可能性があり、放射線が関わる災害の可能性も当然あります。そうした状況を踏まえ、近年最大の災害である東日本大震災そして福島第一原発事故について、もう一度振り返り、現在進行形の被害や誤解の解決、そして将来に向けての教訓を得ること、に関して、現地からの声も含めて、学術的かつ実効的な形で、方向性を模索してまいりたいと思っています。

2016年9月24日土曜日

10月1日2日「双葉地方におけるダイアログセミナー」開催のお知らせ/Announce of the dialogue ”The rehabilitation of living conditions in the Futaba region", 1-2 October

2016年10月1日・2日(土・日) 川内村 いわなの郷体験交流館にて、「双葉地方におけるダイアログセミナー」が開催されます。
On 1-2 October, ”The rehabilitation of living conditions in the Futaba region" will be held at Iwana-no-sato Community Center, Kawauchi village.

福島のエートスも参加いたします。
Ethos in Fukushima will participate in this dialogue.
1日午後、2日午前には、ワーキンググループセッションが開かれます。1日目午後は帰還について、2日目午前は、除染・廃棄物について議論する予定になっています。
Working group sessions will be held in the afternoon of the first day and in the morning of the second day. The main theme of the first-day session is returning home, and that of the second-day are decontamination and waste management.

川内、広野、楢葉、葛尾の双葉郡、あるいはそれ以外の避難指示が解除された各地域、そして、これから避難指示解除が予定されている各地域の皆さま方で、参加をご希望される方は、 ethos.fukushima@gmail.com までお知らせ下さい。
If you are from Futaba region or from the other areas that the evacuation order has lifted or planned to be lifted, and if you want to participate the dialogue, please contact to ethos.fukushima@gmail.com.

一般の方の参加を歓迎いたします。
We welcome the participation of those who are the general public.

2016年9月19日月曜日

飯舘村の今を、見る、聞く、話す、語りあう、未来をともに考える/To see, listen, talk and discuss the present of Iitate Village and think the future together

東京電力福島第一原発事故で全村が避難区域に指定された飯舘村。2017年3月末の避難指示解除を控え、帰村準備を進める村人がいる。彼らは事故と避難で何を失い、何をふたたび取り戻そう願っているのか、そして、どんな未来を生み出そうとしているのか。
In Iitate Village, which its whole territory has been designated as the restricted area after the accident of TEPCO Fukushima Daiichi NPP, there are villagers who are preparing to return with the lift of the evacuation order planned on the end of March 2017. What they have lost in the accident and evacuation, and what they desire to reclaim again? What kind of future they are going to create?

飯舘村の今を、見る、聞く、話す、語りあう、未来をともに考える。
Let us see, listen, talk and discuss the present of Iitate Village and think the future together.

2016年7月9日(土)10日(日)の2日間にわたる飯舘村フォローアップダイアログセミナーの記録。
The two-day record of the Iitate Follow-up Dialogue Seminar held on 9-10 July 2016.


飯舘村フォローアップダイアログセミナー(14分47秒)

Follow-up Dialogue Seminar at Iitate-mura (14:47)


関連記事

2016年7月9日、10日 飯舘フォローアップダイアログセミナー/Iitate Follow-up Dialogue Seminar on 9-10 July 2016

2016年8月28日日曜日

ARPS2016への参加/Participation in ARPS 2016

2016年9月11日から14日にかけて、南オーストラリア、アデレードで開催される ARPS2016 Conference に福島のエートス代表安東量子も参加いたします。
Ryoko Ando, representative of Ethos in Fukushima, will participate in the ARPS 2016 Conference which will be held on 11 - 14 September 2016 in Adelaide, South Australia.

安東は9月14日(水)に発表予定となっています。
Ando will make a presentation on Wednesday 14.

福島の現状に加えて、東京電力福島第一原発事故後に、当局が定めた規制が住民生活にどのような影響をもたらしたかについて発表する予定です。
In addition to the current situation in Fukushima, it will be introduced how the regulations set by the authorities affected to the lifestyle of residents in the presentation after the accident of TEPCO Fukushima Daiichi NPP.


招請くださいましたEPA(南オーストラリア州 環境保護局)、渡航にあたってご協力くださった皆さまに心から感謝申しあげます。南オーストラリア、アデレードでお会いしましょう。
We greatly appreciate the invitation from EPA (Environmental Protection Authority of South Australia) and the assistance on this passage from all of you. Let us meet in Adelaide!


(関連記事 Related Article)
ARPS2016での発表原稿とスライド/Manuscript and slides of ARPS 2016 presentation

2016年7月9日、10日 飯舘フォローアップダイアログセミナー/Iitate Follow-up Dialogue Seminar on 9-10 July 2016

    主催:飯舘村フォローアップダイアログセミナー実行委員会
    責任者:安東量子(福島のエートス)
    後援:飯舘村、日本財団
    Host: Executive Committee of Iitate Follow-up Dialogue Seminar
    Responsible person: Ryoko Ando (Ethos in Fukushima)
    Supported by: Iitate Village, Nippon Foundation

2016年7月9日(土)10日(日)の両日、飯舘村村内において、飯舘村フォローアップダイアログセミナーが開かれました。
On 9-10 July 2016, Iitate Follow-up Dialogue Seminar was held in Iitate Village.

目的(プログラムより)/ Objective (from the program above)

2013年7月の第6回ダイアログセミナー、2014年12月の第10回をはじめとし、飯舘村の方たちには、これまで開かれたICRPダイアログセミナーへ積極的にご協力とご参加をいただいてきた。
The inhabitants of Iitate Village have been positively cooperating with, and participating in the 6thand 10thICRP dialogue seminars that were held on July 2013 and December 2014 respectively.

東京電力第一原子力発電所事故から5年が経過し、政府は、来年に飯舘村を含めた帰還困難区域を除くすべての避難指示解除を予定している。
Five years has passed since the accident at Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant. The Japanese government has plans to lift all of the evacuation orders with the exception of difficult-to-return zones, including Iitate Village.

飯舘村でも、避難中という困難な状況の中、さまざまな問題に対処、克服するために、粘り強く取り組みを積み重ねられてきた方たちがいらっしゃる一方、それらの状況が広く共有されづらい状況となっている。今回、飯舘村での、現在の状況を共有する場として、飯舘村フォローアップダイアログセミナーを開催することとした。
There are many strong people in Iitate Village who have been making great effort to deal with and overcome various problems during this arduous period. It is, however, sometimes difficult to share these experiences in an open environment. Therefore, it was decided to hold the Iitate Village follow-up dialogue seminar to discuss the current situation in the village.

参加者は、ダイアログセミナー参加後の状況を共有する場にしたいという観点から、過去にダイアログセミナーに参加していただいた方にお声がけすると同時に、村内の多様な状況を可能な限り汲み取るために、あらたな方の参加も歓迎する。
Past participants are encouraged to attend this dialogue in order to share their experiences from the last dialogue up until the present. New participants are also welcome to attend the seminar in order to understand different situations in the village.

飯舘村の皆さんに現在の状況と将来について共有する機会としてご利用いただければ幸いである。
It is hoped that this dialogue seminar will be useful for the inhabitants of Iitate Village to share their stories and plans for the future.

7月9日/9th July

7月9日は、飯舘村村内6カ所の見学を行いました。
ご協力いただいたのは、佐須地区の菅野宗夫さん農場、関根・松塚地区の山田猛史さん農場、宮内地区の菅野元一・クニさん宅、比曽地区の汚染土の埋設と水質への影響実験現場、特別養護老人ホームいいたてホーム、大久保・外内地区の愛澤文良さん宅の6カ所です。
On 9 July, we've visited six places in Iitate Village; Mr Muneo Kanno's farm in Sasu Area, Mr Takeshi Yamada's farm in Sekine-Matsuzuka area, Mrs Kuni and Mr Motoichi Kanno's house in Kusano area, the experimental site in Hiso area which is investigating the water quality effect of the buried contaminated soil, special elderly nursing home "Iitate Home" and Mr Fumiyoshi Aizawa's house in Ohkubo-Yosouchi area.

1カ所目の菅野宗夫さんのお宅では、大学・研究機関などとの協働事業についてのお話しを伺い、様々な条件での実証栽培がされているハウスを見学しました。
At Mr Muneo Kanno's farm, we've listened about the cooperative projects with universities and research institutes, and then visited greenhouses where experiments in various conditions are being conducted.


これらの実証栽培はすべてデータが取られ、蓄積されていっています。
All these experiments have been recorded and the data have been accumulated.

またご自宅の側では、稲の栽培の実証栽培も行われていました。
これまでの稲の実証栽培では、基準値よりも遙かに低い数値しか検出されていないものの、山林の除染が終わっていないため、田に再び山林からセシウムが流れ込むのではないかという懸念が住民の間では高く、稲作の再開については、なかなか踏み切れない人が多い、という話を伺いました。
Besides his house, experimental rice culture has been done. In such experimental cultures done so far, much lower values than the limit were detected. However, the concern is strong among inhabitants that cesium from the forest could flow into rice fields again since the decontamination of the forest has not been completed. Because of this, he told us that many people are hesitant to restart rice cultivation.

宗夫さんのお宅を拠点として集まった県外各地からのボランティアの方が「ふくしま再生の会」として、村内各地で測定、除染実験、実証栽培などなど様々なご活動をされているとのことです。
And he told us that the volunteer group "Resurrection of Fukushima", gathered from other prefectures and are based on his house, is engaging in various actions across the village, e.g. measurements, experimental decontamination, and substantiative cultivation experiment.


山田猛史さんは、これまで水田であったところを、除染後、牛の放牧地にする予定にされています。
Mr Takeshi Yamada is planning to convert former rice fields to pasture land after decontamination.

現在、山田さんが作業されているのは、環境省による農地除染の対象外になってしまった田の畦の土を土壌下に埋め込む作業です。
Currently, he is working on burying furrow soil of the rice fields under the deep earth layer where were left out of the official cropland decontamination.

農地法の区分では、田の畦は「農地」に分類されないそうなのですが、放射線の測定結果を見ると、除染していない畦の部分だけ明らかに高くなっています。しかし、牛を放牧した際に、牛に「畦の草だけは食べるな」と指導するわけにもいきません。どれだけ交渉しても、畦の除染はしてもらえなかったため、畦の上に防草シートをかける、あるいは、畦土を深く埋め込むという対処方法をとることにしたとのことです。
It is said a furrow does not be classified as cropland according to the Agricultural Land Law. However, measurement results clearly show higher radiation reading on the undecontaminated furrow area. He can't force cows not to eat grass on furrows while grazing, and officials won't decontaminate furrows even how eagerly he negotiated, so he decided to cope with this problem by covering furrows with weed-proof sheets or by burying the soil deeply.

9月からは実証放牧を開始し、牛の体内にどの程度セシウムが取り込まれるか、慎重に確認しながら、放牧を進めていく予定とのことでした。
水田を放牧地に転換するというアイデアは、避難指示解除後も、稲作を再開する人は少ないため、広い農地を荒らさずに
管理するためには放牧が最適だという山田さんのアイデアによるものです。
He told us that he will start trial grazing from on September, prudently confirming step by step how much of cesium will be taken into the body of cattle. His idea to convert rice fields to pasture land is based on his thought that it is the best way to reserve vast cropland preventing from desolation since there would be few people to resume rice cultivation even after the lift of the evacuation order.

関根・松塚地区では、これ以外にも、メガソーラー発電、ハウスによる花卉栽培が行われる予定です。
Other than this approach, a mega solar power plant and greenhouse flower cultivation are planned to be operated in Sekine-Matsuzuka area.

菅野元一・クニさん宅では、除染で伐採された「イグネ」(家の裏に植えられた杉)を使ったご自宅のログハウスを見学しました。
Then we've visited Mrs Kuni and Mr Motoichi Kanno's log house, which is built with "Igune" (cedar trees which have been planted in the backyard of each house) hewed down through the decontamination.

元一さんが生まれたときに、元一さんのお父さんが植えたイグネの杉は、除染の時に切り倒されて、使い途もなく放置されているだけでした。
Igune logs, which were once planted by Motoichi's father when Motoichi was born, had been left unused since they had been hewn down in the decontamination work.

元一さんクニさんご夫婦は、この杉をなんとか活用したいと考え、材を詳細に測定したところ、基準よりも遙かに低い検出値でした。協力してくれる業者さんを見つけ、この杉を用いて作ったのが「縦ログハウス」です。(壁面はすべて杉材の柱です。)
The couple hoped to utilize these logs in some way, and they measured the logs minutely. The result was far below the standard value. So they decided to build this "vertical log house" using the logs, with the cooperation of a builder. All the walls are made of cedar logs.

建築計画中に、自分の家の除染で伐られたイグネも使って欲しい、と申し出てくれる飯舘村の友人の方もいらしたそうです。お邪魔したときには、一本一本の柱がどこのものなのかわかるように付箋がつけられていました。
While planning, a friend of them in Iitate Village had offered to provide Igune logs which were also hewed down by the decontamination of his house. When we've visited, there are tags on each log to identify where it comes from.

元一さん・クニさんは、この縦ログハウスを、飯舘村の復興のシンボルのひとつにしてほしいと仰っていました。
They told us that they hope this log house will become one of the symbols of the reconstruction of Iitate Village.


続いて訪れた比曽地区では、汚染土の地下埋設と水質への影響実証実験現場の見学をしました。
In the next, we've visited Hiso area to see the experimental site which is investigating the water quality effect of the contaminated soil buried underground.

比曽地区の中心となる農地には、除染廃棄物が行き場のないまま、うずたかく積まれています。この実験は、こうした廃棄物を地下に埋めた場合の影響を調べるために行われました。
On cropland which is the center of Hiso area, decontamination wastes are piled up high having nowhere to go. This experiment was conducted to investigate the consequences in the case that such wastes were buried underground.

標高の高い飯舘村は水源地域となっているため、下流の地域の人たちから飯舘村から放射性物質が溶け出して流れてくるのではないか、との懸念が強くありますが、この実験では、そうした懸念に応えることもできます。
Since Iitate Village is located at a high altitude and is a water source, so there is a strong concern from people living in the lower reaches that radioactivities could dissolve out into the water from Iitate Village.

この実証実験によって、仮に汚染土を埋設したとしても、土壌の水質にセシウムはほとんど溶け出さないことが明らかになりました。
This experiment can also give the answer to such concern. This substantiative experiment has shown that the cesium will hardly dissolve out into the water even if contaminated soil is buried.

比曽地区の取組と課題については、翌日10日の岩瀬広さんの発表に詳しく述べられています。 Issues and activities in Hiso area are discussed closely in Mr Hiroshi Iwase's presentation made on the next day.

比曽のお宅で、イグネの除染除染実証が行われていることも紹介されましたが、ここでも、環境省の除染方針が杓子定規で現地の要望や実態と合っていないことが、大きな障害となっていることが指摘されていました。
At a house in Hiso, it was introduced that Igune decontamination examination is underway. Here it was also pointed out that the divergence between the hard-and-fast MOE decontamination policy and the local demands and reality has become a major obstacle.


特別養護老人ホームいいたてホームは、2011年5月に飯舘村が計画的避難区域に指定された際も、特例によって、村内に残り続けたホームです。
Special elderly nursing home "Iitate Home" has stayed in the village as an exception of the whole village designation as the Planned Evacuation Zone in May 2011.

地震が起きた際のホームの様子を写真を交えて三瓶政美施設長からお話しいただきました。 Mr Masami Sanpei, the head of the home, introduced the situation when the earthquake occurred with some photos.

停電の中、職員の方も必死に助けあいながら、介護を続けたこと、ホームの線量を十分に測定し、避難するほどではないと判断し、入居者の方の負担を第一に考え、村内に留まり続けることを決断されたそうです。いいたてホーム以外の避難区域の介護施設の入居者の方たちが、受け入れ先を探して、どれほど長距離を転々と移動しなくてはならなかったのか、図で示しながらご説明いただきました。
In the midst of the blackout, the staff struggled to continue the caring by helping each other. Measuring dose rate all around the home, they judged it is not necessarily needed to evacuate and decided to stay in the village considering the burden on the patients first. He explained with illustrations how people in other nursing facilities in the evacuation zone were forced to move from place to place for a long distance to find their accommodation.

震災時には100人を超えていた入居者が、現在は38名まで減っているそうです。震災後の写真を見せていただきながら、ここに映っている方は、皆さんもうお亡くなりになっています、とお話しされていました。
There had been more than 100 people living in the home at the time of the disaster, however currently there are 38 people. He told us showing photos taken after the disaster that many people in the photos have been already passed away.

避難指示解除後については、職員の人手不足によって、デイケア・ショートステイなどの短期入所サービスが再開できる見込が立っていないこと、また、現在義務化されている非常時の避難計画策定について、避難が事業者負担となっており、負担が非常に大きいことなどの課題についても伺いました。
He also addressed some issues after the lift of the evacuation order. One of them is that currently there is hardly any prospect to restart short-term services, e.g. day care and short stay, from the manpower shortage, and another is that regarding the mandated formulation of an emergency evacuation plan, there is a heavy burden of planning evacuation which is determined to be carried out by each business operator.


9日の最後に伺った大久保・外内地区の愛澤文良さん宅です。
At last on the day, we've visited Mr Fumiyoshi Aizawa's house in Ohkubo-Yosouchi area.



大久保・外内地区では、福島大学・新潟大学と協力して、地区の取組として、除染前から線量測定を行ってきて、その結果も共有してきました。将来をどうするかは個々の判断ではあるけれど、前提として、きちんと自分たちで確認する必要がある、という認識で、行政区の区長さんたちが主体となり取組を続けてきたそうです。
Ohkubo-Yosouchi area has been taking on dose rate measurements as a project of the area from before the decontamination, cooperating with Fukushima University and Niigata University, and the results have been openly shared. Individual decisions for the future are respected, however as a premise, the situation should be properly ascertained by ourselves. This is the common understanding of the headmen of each self-governing divisions, and they have led the activities.

避難指示解除後の課題については、農業を再開しても生計を立てられる見込がなかなか立たない、という厳しい現状の中、5年先10年先を見据えて、どのように農地を維持管理していくかが重要である、と言われていました。農地の維持管理とは、具体的には、夏場の雑草をどうしていくか、ということが主になります。現在は、ソバなどの代替作物の生産についても研修を続けられているそうです。
Regarding the issues after the lift of the evacuation order, it was mentioned that the important thing is how to maintain and manage the cropland looking toward 5 to 10 years ahead under the tough situation which one can't prospect to make a living by resuming agriculture. Concretely speaking, the most important point to maintain the cropland is to control weed grown rampantly in the summer. Currently, the area continues the training for the production of alternative crops like buckwheat.


7月10日/10th July

10日のダイアログでは、まず、午前中に以下の発表が行われました。
In the dialogue held on 10 July, at first, the following presentations were made in the morning.

午後のダイアログには、1日目の視察にご協力いただいた皆さんの他に、若い方たちにも加わっていただきました。
In the afternoon dialogue session, some young people have joined the discussion in addition to the people who attended to the visit trip on the first day.

避難指示解除後の帰還と、地域の復興に対して前向きな比較的高齢層の方たちがいらっしゃる一方で、若い世代は、多くの方が福島市内に新居を構えられている、帰ろうという声は少ない、ということ、また、現在の飯舘村出身であると胸を張っていうことができない、などという意見が出ました。
There were relatively older people who have a positive view for the return after the lift of the evacuation order and the area rehabilitation. On the other hand, opinions from young generations were heard, such as many of them already have built their house in Fukushima City and few still say to return, and they can't have the pride to be from current Iitate Village.

また、自分自身の人生設計や村、家のことを考えた時に10年20年といった長いタイムスパンが必要であるにもかかわらず、すぐに帰還するか、しないかといった判断を迫られている現状に対して、若い世代がもつ苦悩も語られました。
Furthermore, afflictions of young generation were told for the situation they are urged to decide immediately to return or not, withal it should be contemplated in a longer timespan of 10 to 20 years for their own life plan, or for their Village and families.

これに対して、会場では、若い人が誇りを持てる飯舘村にするにはどうすればいいのか、押しつけではなく自然と帰りたいと思える村にはどうすればいいのか、といった観点での議論が行われました。
In response to these opinions, discussions were held in terms of what the Village can do to make itself which young generations can take pride in, and which they can spontaneously want to return to.

2日間の視察と対話については、OECD/NEAのテッド・ラゾ氏のまとめのスライドもご参照ください。
Please also refer to the presentation made by Mr Ted Lazo from OECD/NEA for the visit and the dialogue held on the second day.



9日の見学に際しては、飯舘村役場の担当者の方、そして、スクールバスの運転手さん、助手さんには、大変お世話になりました。地理を熟知している地元の方ならではのきめ細やかなご配慮なしには、タイトなスケジュールの中、スムーズに見学を進めることはできませんでした。
We really appreciate the cooperation on the first day of the staff from Iitate Village Office, the school bus driver and the assistant. Without their careful consideration as local residents familiar around with the village, we couldn't carry out smoothly this visit trip with such a tight schedule.

また、村役場本庁舎移転前後という非常にお忙しい時期にもかかわらず、親切にご対応くださった村役場の方、そして、2日目の会場となった「きこり」の皆さまにも心から御礼申しあげます。きこりが営業再開をした際には、ぜひお伺いさせていただきたいと思っています。
And we would like to express our gratitude for the cooperation of the officials of Iitate Village, even though currently they are so busy to relocate the village office, and the staff of the "Kikori", the venue on the second day. When Kikori reopens its regular business, we'd like to visit again.
2日目の会場となった「きこり」
Kikori, the venue on the second day

また今回、お声がけできなかった他の地域、特に飯舘村には帰還困難区域があり、そうした問題が反映できていないことは、主催の力不足であり、お詫び申しあげます。
Let us also take this opportunity to apologize for our own inadequacies as an organizer since this dialogue couldn't reflect the issues of the other areas which we couldn't invite people from, including Difficult-to-Return Zone which still exists in Iitate Village.

本文の記述の責任は、すべて安東量子にあります。お問い合わせや、誤記に関してのご指摘は、ethos.fukushima@gmail.com までお願いいたします。
All the responsibility for the contents of this article lies with Ryoko Ando. Please contact ethos.fukushima@gmail.com if you have any questions and if you find any inappropriate wording.

後日、飯舘フォローアップダイアログセミナーの様子を短くまとめたビデオを公開する予定です。しばらくお待ちください。
The summary video of the Iitate Follow-up Dialogue Seminar will be released soon. Please wait for a little while.



追記(2016/9/19)

飯舘フォローアップダイアログセミナーのビデオを公開しました。
The summary video of the Iitate Follow-up Dialogue Seminar has been released.