2016年3月11日金曜日

東日本大震災及び東京電力福島第一原発事故から5 年を迎えるにあたって On the 5th Commemoration of the TEPCO Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant Accident

Please see below for English translation.

 2011年秋から活動をはじめた私ども福島のエートスは、被災地域における暮らしを、まずは自分たち自身が立て直すことを最優先と考え、いわき市の末続地区の皆さま方と力を合わせて、生活に即した放射線防護の取り組みを進めて参りました。
 おかげさまで、2015年1月には、私たちの活動は、国による相談員制度の一貫として、末続行政区が主体となり、いわき市より「放射線に関する理解を深める地域モデル事業」として委託を受け、地域主体の事業として行うことができるようになりました。
 震災から4年を経て、住民の手による自発的な活動をここまで繋げることができたのは、多くの皆さま方のご支援あってのことです。重ねて感謝申しあげます。

 さて、私どもは、これまでの5年間、まずは目の前の生活再建に力を注ぐことが大切と考え、社会状況、政治状況に対しての発信は、控えてまいりました。しかし、私たちの活動が小さな成果をあげる一方、福島県内では、住民の自助努力では対処できない放射線防護上の問題が、依然として放置されたままなのが、5年目の現状です。
 現在の政府の放射線防護の指針は、発災間もない1年目に作られたまま、大枠はほとんど見直しをされておりません。当時と比べて、現在はデータも知見も飛躍的に蓄積されております。これらを元に、再度、放射線防護のあり方を、現状に即した形に見直した上で、指針を決めていただくことを強く要望いたします。
 特に、政府の統一的な見解としての長期的な線量予測と見通しが5年を迎える現在に至ってもなお作成されておらず、そのため、放射線防護の現実的、かつ、長期的な指針も作られないままの状態であることに、強い懸念を覚えております。
 昨日、安倍総理より、今夏までに政府が帰還困難区域についての方針を決定するとの発表がありました。しかし、放射線防護の指針や放射線量の長期的な予測もないままでは、将来像を描くにあたっての基礎となるべき放射線状況を共有することができないままとなり、現実に即さないものになるのではないかと、危惧しております。
 また、将来像を決定するにあたっては、放射線防護の指針に沿ったものであるのみならず、地域の人たちの思いが十分に反映されたものとなるよう、綿密な制度設計をしていただくこともあわせて要望いたします。

 2020年に予定されている東京五輪を、被災地域の人間が、心に一点の曇りもなく観戦することができるよう、日本政府が総力を挙げ、真摯に対応していただけることを心より願っております。

  2016年3月11日
福島のエートス代表 安東量子 



  As Ethos of Fukushima, we began our activities in the fall of 2011. Based on the belief that our first priority was to rebuild lives in the areas affected by the East Japan Earthquake and Tsunami through autonomous efforts, we have been working on various radiation protection activities in cooperation with the residents of Suetsugi district in Iwaki-shi, Fukushima prefecture.

  Iwaki-shi recognized our activities as "Local model project to enhance understanding on radiation" in January 2015, and, consigned its implementation to Suetsugi-district. Through this administrative measure, said activities officially became formal self-help activities of Suetsugi-district, which included funding support from Iwaki-shi.

  The beginnings of our activities were humble, as some residents started trying voluntary initiatives. Four years after the Accident, we would not have been able to extend and broaden the reach of our self-motivated voluntary activities to this extent without your wide support. To that, we offer our deepest appreciation/gratitude.

  For the past five years, we have been committed to focusing on rebuilding daily lives in Suetsugi and refrained from commenting on social and political issues. However, the reality in year five is that while our efforts have lead to small but positive outcomes, the issues on radiation protection activities too serious and beyond the capabilities of local volunteers remain unresolved within Fukushima prefecture.

  The current radiological protection related policies of the Government of Japan (hereinafter "GOJ"), were developed/created in 2012, within the first year of the Accident and on the most part, remain untouched/unreviewed. In contrast, significant accumulation of data and vast amount of learnings are available today. Thus, we strongly urge the GOJ to utilize up-to-date information to review and update its policies on radiation protection to accurately reflect the realities of the affected areas.

  Specifically, in the five years following the Accident, the GOJ has yet to establish its official view on the long-term radiation exposure projection. As a result, faced with the reality where long-term, comprehensive and implementable policies for radiation protection cannot be developed/are not being developed, we are hugely troubled.

  On March 10, 2016, Prime Minister Shinzo Abe announced that the decisions regarding the policies on "Difficult to return zones" are to be determined by this summer. However, in the absence of official policies on radiation protection, or long-term projection on radiation, it seems highly unlikely that a realistic consensus, so basic and essential for future planning, can be reached. This causes deep concerns.

  At the same time, beyond meeting the official radiation protection policy standards, it is our strong desire that any future plan will be based on detailed structural design that fully reflect and incorporate the opinions/hopes of the area residents.

  Finally, it is our sincere hope that the GOJ will act with integrity and commit to doing its utmost so that the residents of affected areas, free from worries over future uncertainties, can embrace the Tokyo Olympics in 2020 together with the rest of the nation.

Ryoko Ando, Representative of Ethos in Fukushima

2016年3月10日木曜日

ICRPダイアログセミナー・ウェブドキュメンタリー公開のお知らせ Launch of web-documentary on ICRP Dialogue Seminar

2011年秋から2015年末まで開かれたICRPダイアログセミナーのウェブドキュメンタリーが、公開されました。
A web-documentary on the ICRP Dialogue Seminar, which had been held from autumn 2011 to the end of 2015, was developed and launched.

ダイアログセミナーの参加者、そして、協力者の一員として、福島のエートスも、このウェブドキュメンタリーの制作に協力いたしました。
As one of the participants and cooperators with the Dialogue Seminar, Ethos in Fukushima have cooperated the development of this web-documentary.

以下、IRSNのディレクター、ジャック・ルピュサール氏からのメッセージです。
A message from Mr Jacques Repussard, Director General of IRSN:
-----------
Madam, Sir,
各位

Five years ago, the Fukushima Prefecture experienced an exceptionally severe earthquake, a devastating tsunami and the unprecedented meltdown of three reactors of the Fukushima Daiichi nuclear power plant. The following radioactive releases contaminated large areas and profoundly upset the life of the inhabitants.
5年前、福島県は並外れて深刻な地震と破壊的な大津波、そして、東京電力福島第一発電所の三機の原子炉の前例のない炉心溶融を経験しました。続いて起きた放射能の放出は、広い範囲を汚染し、人々の暮らしを深刻に混乱させました。

In the autumn 2011 the International Commission on Radiological Protection (ICRP) initiated together with a few local and international partners the 'Dialogue for the rehabilitation of living conditions after the Fukushima accident’ to meet the challenges that the population would have to face for years. Among other partners, the French Institute for Radiological Protection and Nuclear Safety (IRSN) attended and supported the twelve meetings organized until the end of 2015.
2011年の秋、国際放射線防護委員会(ICRP)は、人々が時間をかけて向き合わねばならない難問に対処するために、いくつかの国内外のパートナーと共に「福島事故後の生活環境改善のためのダイアログ」をはじめました。そのパートナー の中でも、フランス放射線防護核安全研究所(IRSN)は、2015年末までの間に開催された 12回の会合に参加し、支援してまいりました。

As you have contributed to the organization of the Dialogue and also participated actively to the meetings I have the pleasure to inform you that IRSN and the Norwegian Radiation Protection Authority (NRPA), in partnership with the “Ethos in Fukushima” NPO, decided to develop a web documentary to keep alive the memory of the Dialogue and also to share widely in Japan and abroad the experiences and main lessons learned together during the twelve meetings.
ダイアログの成り立ちにおいてご貢献いただき、また集まりに積極的にご参加頂いた皆さまに、この度、ダイアログの記録を残し、そして、12回の集まりの中で共に得た経験と教訓を日本国内外で広く共有するために、私どもIRSNとノルウェー放射線防護庁(NRPA)が、NPO「福島のエートス」との協力のもとに、ウェブドキュメンタリーを制作いたしましたことを、 皆さまにお知らせできることは、私の喜びとするところです。

This web documentary will be available in three languages (Japanese, French and English) on internet the 10th of March at the following address : www.fukushima-dialogues.com.
このウェブドキュメンタリーは、3月10日にインターネットの以下のアドレスで、日本語、フランス語、英語の三カ国語でご覧頂けます。

I hope that the consultation of this unique document will give you “food for thought”, as it did for me, and would like to assure you that IRSN will stay committed in the societal initiatives which will continue in the Fukushima prefecture.
この比類ないドキュメンタリーをご参照いただくことが、私にとってそうであっ たように、皆さま方にとって「思考の糧」となりますことを願っております。 そして、IRSNは、今後も福島県で続いていく社会的な取組みに関わってまいりますことをお約束したいと思います。

Best regards.

Jacques Repussard
ジャック・ルピュサール

(邦訳:福島のエートス)
-----------

制作にあたって、ご協力いただいた皆さま方に心から御礼申しあげます。ダイアログセミナーで得られた貴重な経験と教訓を、多くの皆さま方にご覧いただけることを願っております。
I would like to express my gratitude from the bottom of my heart for your cooperation. I hope this will help to convey invaluable experiences and lessons learned which had gained in the Dialogue Seminar to many people.

ひとつだけ、福島県内に在住する者として、ご覧頂く皆さまにお願いしたいことがございます。
One thing I would like to ask you all who visit the web-documentary, as one of the residents in Fukushima prefecture.

この5年間のダイアログセミナーで取り上げられたテーマは、飯舘村をテーマに開かれた一回を除き、ほとんどが、人が居住している地域での取り組みの話になっております。
Almost all themes covered in the Dialogues held in these five years were the activities within the inhabited area, except for one Dialogue themed on Iitate village.

ダイアログセミナーが開かれていた時点での避難区域の人々の話は、少しは出ておりますが、大きく反映されたものとはなっておりません。
Some stories were told about the people from the evacuated area at the time of the Dialogues, but they were not largely focused.

これは、放射能の影響を受けた地域の住民の自助努力を後押しするというダイアログセミナーの性質上、やむを得ないものであったとも思いますが、福島県の状況を理解する上で、やや偏った構成となっている懸念がございます。
This might be inevitable by the concept itself of the Dialogue Seminar, that to support self-help activities of the residents living in the radiation affected area, however, there is concern that the structure would be biased to some extent to understand the whole situation in Fukushima prefecture.

日本政府は、現在も少しずつ避難解除を進めておりますが、2017年3月を目標に、帰還困難区域を除くすべての避難区域の避難解除をする方針を出しております。
The Japanese Government is currently lifting the evacuation orders step by step, and it comes up with a policy to lift all the evacuation orders by March 2017, except for the difficult-to-return zone.

これらの地域は、これまで人が居住していた区域よりも比較的に高い放射線の問題に加え、時間の経過による地域共同体やインフラ、家屋の損壊などの非常に難しい問題と向き合わねばなりません。
In these areas, people will be forced to face very difficult problems caused by the passage of time, e.g. the disrupted local communities, infrastructures and damaged houses, in addition to relatively high radiation dose compared to the areas where people have stayed.

このウェブドキュメンタリーをひとつの終着点としてではなく、福島のこれから続いていく長い取り組みの序章の5年間の記録としてご覧頂けまし たら、幸いです。
I hope this web-documentary would be seen not as a goal, but as a record of the five years of the prelude to the continuing and long-lasting efforts in Fukushma.

  2016年3月10日/10 March 2016
福島のエートス 代表 安東量子
Ryoko Ando, representative of Ethos in Fukushima

2016年2月15日月曜日

『Clinical Oncology』誌に原稿が掲載されました。 Manuscript published in Clinical Oncology.

 2016年4月22日まで、無料で全文閲覧、PDFもダウンロードできます。 (2016年3月4日追記)
Free access link is available until 22 April 2016.


 英文誌『Clinical Oncology』に、安東の原稿「Reclaiming Our Lives in the Wake of a Nuclear Plant Accident」(翻訳:荒井多鶴子さん)が掲載されました。
 Ando's essay "Reclaiming Our Lives in the Wake of a Nuclear Plant Accident", translated by Ms Tazuko Arai, has been published in Clinical Oncology.

Abstract
Ryoko Ando lives and works in Iwaki-shi, which is located in the coastal area of Fukushima Prefecture. On 11 March 2011, Iwaki was hit by the Great East Japan Earthquake and tsunami. Then the nuclear plant accident at Fukushima No. 1 nuclear power plant, also located in the coastal area of Fukushima Prefecture, added to the woes of Iwaki residents. Although Iwaki-shi is outside of the ‘restricted area’ set up by the government in the 20 km radius around the nuclear power plant, some municipalities in Iwaki-shi lie within the 30 km radius zone. The residents of Iwaki were naturally concerned about the effects of radioactive contamination. On top of these, they had to confront a wide range of issues, including confusion and miscommunication, reputation risk and infrastructural constraints due to the influx of residents from the ‘restricted area’.

 以下、本文はこちらのサイトをご覧下さい。
 Visit the journal website for the main text.

 オリジナルの日本語原稿は、親鸞仏教センター発行『アンジャリ』27号に「暮らしを、ふたたび、とりもどす ―原発事故の後で―」のタイトルで掲載されています。
 The original Japanese language version was published in Anjali No. 27 issued from The Center for Shin Buddhist Studies.

2016年1月11日月曜日

ICRP福島ダイアログイニシアティブ国際ワークショップの動画、スライドを掲載しました。 Presentation at the International Workshop on the Fukushima Dialogue Initiative

 2015年12月12日13日に福島県伊達市で開かれた、福島ダイアログイニシアティブ国際ワークショップ“原子力事故後の生活状況の回復”の発表動画、スライドを 掲載しました。
The presentation video and slides are uploaded for the International Workshop on the Fukushima Dialogue Initiative -- "Rehabilitation of Living Conditions after the Nuclear Accident" -- held in Date, Fukushima Pref., on 12-13 December 2015.
福島のエートスの安東量子も参加し、
「福島のエートスとICRPダイアログセミナーの4年間、それから、未来?」
のタイトルで発表しました。
 Ryoko Ando from Ethos in Fukushima attended this workshop and made a presentation titled as "Four years of Ethos in Fukushima and the ICRP Dialogue Seminars, and the future?".

 この発表の中で、福島のエートスのこれまでの活動の概要、ダイアログセミナーの動画・スライドを、福島のエートスのサイトに掲載することになった経緯を説明しています。
 In this presentation, some explanations are shown; the summary of the Ethos in Fukushima activities so far, and the sequence how and why materials at the Dialogue Seminars have been posted on the Ethos in Fukushima website.

 これまで、福島のエートスにご寄付をいただいた皆さま、応援をしてくださった皆さまには、ぜひ、ご覧頂きたいと思っております。お目通し頂けましたら、幸いです。
 We hope this would help all of our supporters and donators in understanding our activities.
また、本発表の末尾で、会場での議論を受け、2011年4月における当時の小佐古内閣参与辞任とその後の対応についての、安東の問題意識についても説明しています。
 こちらもあわせてご覧頂けましたら、幸いです。
 At the end of this presentation, Ando's critical thoughts are explained on the issues surrounding the resignation of Dr Kosako from the post of the Special Adviser to the Cabinet on April 2011 and subsequent repercussions, responding to the discussion held at the venue.
 We also hope this would help deepening the discussion.

 今回のワークショップの発表については、今後ICRPが日英両語で抄録集を作る予定と聞いています。
 It is announced that ICRP will compile the proceedings in both Japanese and English languages for the presentations at this workshop.

2015年12月30日水曜日

ICRP2015 での発表原稿、動画等掲載 Presentation on The 3rd International Symposium on the System of Radiological Protection

 2015年10月20、21、22日にかけて韓国ソウルで行われた、「ICRP2015 第三回放射線防護に関する国際シンポジウム」に、安東量子が参加し、「Measuring, Discussing and Living Together ―What We Learned from Four Years in Suetsugi」のタイトルで発表を行いました。
 Ryoko Ando attended "ICRP 2015: The 3rd International Symposium on the System of Radiological Protection" held in Seoul, Korea on 20-22 October 2015, and made a presentation titled as "Measuring, Discussing and Living Together ― What We Learned from Four Years in Suetsugi".

 発表の内容は、ICRPサイトの以下のページでご覧頂けます。
 You can see the presentation on the ICRP website as follows:
  • 発表概要/Abstract
     福島原発事故後、日本政府の基準が生み出した3本の「線」(30km、0.23μSv/h、ND)が、人々の生活にどのような混乱をもたらしたか、そして、いわき市末続地区の取組が、この「線」にどのように対処してきたかを説明する。
     After the Fukushima Daiichi NPP accident, three "lines" -- 30 km, 0.23 μSv/h and ND -- were created by the norm by the Japanese Government. This presentation explains how these "lines" brought confusion in the daily life of people, and how activities in Suetsugi district, Iwaki city, coped with these "lines".
  • 発表原稿/Paper
  • スライド/Slides(PDF)
  • 発表動画/Presentation video(YouTube)

  • パネルセッションの動画/Panel session video(YouTube)

 パネルセッションの質疑応答で、「放射線防護の専門家の役割はどうであったか」との質問が会場から出ましたので、私は、「ほとんどまったく役に立った記憶はございません」と返答しました。
 On the discussion in the panel session, I have been asked my comment about how the radiation protection experts played their role. I replied that protection experts have not been helpful at all for us.
 会場では、詳細は説明しませんでしたが、いわゆる専門家の方たちは、「社会」という観点が非常に薄く、数字ばかりを見ていたため、社会に広範 に影響を及ぼした事態に対応できなかったということだと思っております。
 Nevertheless I explained shortly on the spot, I think that the so-called experts hardly had a viewpoint as "society" but only pursued figures, therefore they could not react the situation which widely affected to the society.


 当日の英語発表、そして、英文原稿作成に関しては、友人である荒井多鶴子さんから多大な協力をいただきました。 彼女の助力なしには、すべてできなかったことです。
 The speech in English on the day and the preparation for the presentation were made with great assistance from my friend, Ms Tazuko Arai. Nothing would be achieved without her help.
 心からの感謝を。
 I would like to express gratitude from the bottom of my heart.

日本アイソトープ協会発行『アイソトープニュース』 2月号「Tracer」に寄稿辞退した原稿を掲載します

 日本アイソトープ協会『アイソトープニュース』編集部より、「Tracer」欄に「相談員制度、始まる――いわき市・末続の現在​」というタイトルでの寄稿依頼を受け、以下に掲載する原稿を送付いたしました。

 本稿の寄稿依頼を受けるにあたって、私は、ひとつ条件を付けました。
 つまり、原発事故後、放射線防護業界の動きについては、大いに不満を持っていること、特に、小佐古氏のもたらした影響は非常に大きく、原稿の中で、辞任劇について批判的に触れさせて欲しい、この条件が受け入れられないのなら、原稿依頼は受けない、というものでした。
 この条件については、あまりにひどい個人攻撃でなければ、ということで編集会議で了承され、正式な寄稿依頼となりました。
 11月19日(木)の締め切り日に送付後、12月12日(木)に編集委員長名義で、以下のような修正を求める内容のメールを頂戴しました。

ご高文を拝読いたしましたが、「結びに代えての問いかけ」の章で、かなり厳しい論調で個人名を挙げているところに、編集委員会では戸惑いを感じた次第でございます。
確かに編集事務局から依頼する以前、企画推薦のあった当協会職員へ「小佐古参与の辞任劇についての批判の一文を短く入れることになる」といったお断りがあったようですが、実際のご執筆を確認し、困惑したのが実情でございます。
小佐古氏の辞任は事実ではありますが「その責任を放棄した」という表現は甚だ私的なご意見かと思われます。前文は、現在までの経緯を穏やかに解説されていて、福島復興への取り組みとして大変興味深く拝読いたしましたが、同部分から論調が転換しています。
この度のご高文は、末続地区での裁判員制度の誕生を紹介した貴重なものと重々承知しておりますので、第4章の2段落目(2011年、筆者が・・・)から最後の段落の前(本稿の結びとしたい。)まで、削除していただければ幸いです。
当該部分の記述がなくとも、住民の自助活動に努力され裁判員制度を誕生させたことは、読者にとって十分理解が可能かと思います。あくまでも学術的解説として論を進めていただければ幸いというのが、編集委員会での意見でございます。

 編集委員会より削除を求められたのは、以下の箇所になります。

 2011年、筆者が、現在にいたる出発点となった勉強会を行ったきっかけのひとつは、当時の保健物理学会長であり内閣参与であった小佐古敏荘氏の辞任であった。放射線に関する知識は、ほぼないに等しい中、氏の辞任以降の福島県内の大混乱を目の前にし、放射線防護の専門家がその責任を放棄したことに深く失望すると共に、専門家が頼りにならないのであれば自分たちでなんとかするしかない、という決意から始めたのが、すべての始まりである。2012年、保健物理誌に筆者は自分たちの経験と考察を寄稿した。この拙文には少なからぬ反響を頂戴したが、保健物理誌の読者に対して、「私たちは、こうします。それで、あなたたちは、どうしますか?」との問いを言外に込めたつもりであった。

 小佐古氏の個人名等の削除要請であるならば、検討の余地もあったのですが、私が寄稿依頼を受けましたのは、「相談員制度」であったにも関わらず、編集委員長からの手紙には「裁判員制度」と2回も誤記されていたことから、私の側が文章を修正してまで載せて頂く必要はない、と判断し、それならば、このお話はなかったことにしてください、とお返事申しあげました。
 編集委員長からは、以下のようなお返事を頂戴いたしました。

編集委員長としては当該記述を除いて本欄として残すことを希望しておりますが、意見が分かれてしまった以上、安東様のお気持ち(事務局へのメール)を尊重いたしまして、ご執筆辞退を認めざるを得ないと存じます。

 ご自分が、「裁判員制度」と誤記したこともお気づきになっていらっしゃらなかったようですので、私からは、以下のようにお返事申しあげました。

「裁判員制度」については、他にご寄稿をご依頼される適当な方がたくさんいらっしゃると思いますので、どうぞ、そちら様にご依頼くださいませ。
私に書けますのは、「相談員制度」についてだけでございます。
こちらこそ、ご依頼いただい内容が、「相談員制度」とばかり思っておりましたのに、見当違いの内容をお書き申しあげまして、失礼いたしました。
見当違いの内容でございました本稿については、私どものサイトに、そのまま掲載することにしようと思っております。

 見解の相違はあろうかと思いますが、アイソトープニュース編集委員会の対応には、深く失望しております。
 削除依頼された箇所を含む全体をお読みいただきますとわかりますように、 私の記述は、個人を糾弾するよりも、業界内で議論を深めて欲しいとの投げかけが主でありました。
 それでもなお、上述したように、個人名を削除して欲しい、などの個別的修正依頼でありましたら、対応する余地は十分にございましたが、原稿のテーマである「相談員制度」を「裁判員制度」と二度にわたって誤記した編集委員長の手紙を、別の編集部の人間を介して送ってきたことから、原稿の内容そのものに、編集委員長を筆頭として編集部の方も興味をお持ちではないのだろうと判断し、掲載をお断りすることにした次第です。
 本稿を送付後、放射線防護のとある専門家の方に、小佐古氏騒動に対する批判を含む文章を寄稿したことをお話ししたところ、「次は、我々専門家が批判にお応えしなくてはいけませんね」と仰ってくださった方もいらしたことも考えますと、アイソトープニュース編集部の対応は、非常に残念です。
 内容については、末続地区における相談員事業の概要を記述したもので、現場に関わっておられる方には、興味をもって頂ける内容なのではないかと思います。せっかく書いた原稿ですので、どなたかにお読み頂けたらと思い、ここに掲載することに致しました。

2015年12月30日 安東量子

2015年8月31日月曜日

第12回ダイアログセミナーのご案内

ICRPが「第12回福島ダイアログセミナー(9月12日-13日)」のプログラムを発表しました。
福島のエートスも参加します。