2018年3月5日月曜日

2018年2月10日11日 小高ダイアログセミナー資料/10-11 February, 2018 the materials of Odaka Dialogue Seminar

福島ダイアログ:南相馬、小高のいま、未来を共有するための対話集会~国際放射線防護委員会(ICRP)の協力による対話の継続~
Fukushima Dialogue to share current situations and the future of Odaka area of Minami-soma city - Continuing the dialogue in cooperation with the International Commission on Radiological Protection (ICRP) -
(2018年2月10日、11日、福島県南相馬市小高区/February 10-11, 2018, Odaka, Minami-soma City, Fukushima)


2月11日/February 11

はじまりの挨拶 Opening remarks:ジャック・ロシャール Jacque Lochard (ICRP)
前日の見学の振り返り Reflections of yesterday's dialogue:安東量子 Ryoko Ando (Ethos in Fukushima)

プレゼンテーション Presentation on current situations

藤原央行 Nakayuki Fujiwara(南相馬市企画課復興推進係長、Minami-soma City Offiece)
高橋荘平 Shohei Takahashi(南相馬除染研究所、Minami-soma City Decontamination Laboratory)
石川 俊 Shun Ishikawa(石川建設工業 Ishikawa Kensetsu Kogyo)
鎌田たつ子 Tatsuko Kamata(大町きらきらサロン)
米田 寛 Hiroshi Yoneta(小高区住民)
水谷 隆 Takashi Mizugai(小高区住民)

対話 Dialogue

水谷 隆 Takashi Mizugai(小高区住民)、石川 俊 Shun Ishikawa(南相馬)、高橋荘平 Shohei Takahashi(南相馬除染研究所) 、鎌田たつ子 Tatsuko Kamata(南相馬)、杉重 博 Hiroshi Sugishige(南相馬)、米田 寛 Hiroshi Yoneta(南相馬)、 鈴木敦子 Atsuko Suzuki(南相馬市社会福祉協議会)、後藤素子 Motoko Goto(新潟)、斉藤幸子 Sachiko Saito(南相馬)、 星 憲 Hiroshi Hoshi(南相馬)、但野謙介 Kensuke Tadano(南相馬市義)、坪倉正治 Masaharu Tsubokura(相馬中央病院)、 大橋庸一 Yoichi Ohashi(双葉町)、菅野源勝 Genkatsu Kanno(川俣町山木屋)

アストリッド・リーラント Astrid Liland (NRPA)
テッド・ラゾ Ted Lazo(OECD/NEA)
まとめの議論 General Discussion
終わりの挨拶 Closing remarks by 田林信哉 Shinya Tabayashi(南相馬市副市長 Deputy Mayoer of Minami-soma City)
挨拶 remarks by 世古将人 Masato Seko(日本財団 Nippon Foundation)
最後に Conclusion by ジャック・ロシャール Jacques Lochard(ICRP)